ホーム 診療案内 訪問診療 訪問診療について

訪問診療 – 訪問診療について

医師が定期的にご自宅に伺います。

在宅医療(訪問診療)とは、お一人で通院が困難な患者様のお宅に医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行うものです。

訪問診療の目的は病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡(床ずれ)などの予防、栄養状態の管理など、予測されるリスクを回避し、入院が必要な状態を未然に防ぐことも重要な役割です。

わたしたちは地域の病院や介護事業者の方々と連携・協力しながら、患者さんが在宅で安心して療養生活を続けられるよう、在宅患者さんを総合的にサポートします。

介護サービスと連携します。

わたしたちは「介護の現場を知る医療機関」として、ご家族や介護者・施設運営者の方々との積極的な協力関係を通じ、よりよい療養環境づくりに参加させていただきたいと考えています。

  • 主治医意見書や各種指示書の作成
  • ケアマネージャーやご家族様への診療情報の提供(居宅療養管理指導)
  • ケアプランに合わせた診療計画の調整
  • 担当者会議・退院前カンファランスへの参加

医療が必要な人ほど、通院が困難。

病気や老化に伴って心身の機能低下が進むと、おひとりで通院するのがだんだん難しくなってきます。高齢化に伴い、通院困難な患者さんが年々増えてきています。また、高齢でなくとも、心身に何らかの障害を抱え、ご自宅で療養生活を送られている患者さんもいらっしゃいます。

高齢の方は、何らかの病気を持っていることが多いです。また、これまで大きな病気をしたことがなくても、一人で外出ができない状態になったり、寝ている時間が長くなったりすると、新しく病気や障害が発生する危険が高くなります。障害をお持ちの方も、その種類や程度によっては、きめ細やかな健康管理が必要になります。

高齢者の病気は症状がわかりにくく、また症状をうまく伝えられない、あるいは我慢強い方も多いため、病気の発見が遅れがちです。早期発見すれば内服薬で治療できるものも、発見が遅れると、入院が必要になったり、それが原因で命を落としたりする危険もあります。

心身の機能が低下してきたら、定期的な健康管理の必要性がますます高くなるのです。

しかし、通院には家族やヘルパーの付き添いが必要になります。また病院に行っても、長い待ち時間を車いすの上で過ごすことになります。定期的な通院が必要な状態であればあるほど、心身の機能の低下から通院治療が難しい、というのが現状です。

訪問診療は、このように通院が困難な患者さんのための医療サービスです。