コラム
_
ホーム コラム 食中毒に気をつけましょう!

食中毒に気をつけましょう!

梅雨です。食中毒に気をつけましょう!

今年は、エル・ニーニョ現象の影響で梅雨が長くなるそうです。そうなると心配なのが「食中毒」です。
食中毒というと、最近話題になっている「ノロウイルス」や「病原性大腸菌」などが有名ですが、食中毒には「予防の三原則」があります。

  1. 清潔(菌をつけない) 食品に食中毒の原因となる菌をつけない。食器、まな板の十分な消毒等。
  2. 迅速(菌を増やさない) 食中毒の原因となる菌の増殖をさせない。速やかに食べる。
  3. 加熱または冷却(菌を殺す) 十分な加熱と5度以下の冷蔵、65度以上の温蔵。

カットもちろん全ての過程で、重要なのが「手洗い」です。食事前後、調理前後、トイレ後は徹底して手洗いをしましょう。 以下は日本で多い食中毒の種類と原因となる食品、対処法です。

サルモネラ菌→ 卵、肉など イヌ、ネコなどのペットにも住みついている。熱に弱い。
ポツリヌス菌(死亡率が高い)→ びん、缶詰など。入れ物がふくれあがっている食品は食べない。地面に落ちた物は食べない。熱に弱い。
黄色ブドウ球菌→ 食品全般 加熱しても消えない。調理者の手の傷などから感染する。
病原性大腸菌(O-157など)→ 肉が最も危険。加熱殺菌が有効。手洗いの励行。
ノロウイルス→ 二枚貝、カキなど、感染者の吐物などから感染。感染力が強い。手洗いの励行。アルコール消毒は効果なし。塩素系洗剤で消毒する。

食中毒といえども、ポツリヌス菌のように致死性の高い菌や、下痢、嘔吐により脱水や誤嚥性肺炎を起こし死に至るケースもあります。
また、菌が増殖しても味がおかしくなるようなことはありません。
予防の3原則を基本に、手洗いをこまめに行い、じめじめした梅雨を乗り切ってください。

今年は西日本を除く地域では11年ぶりの冷夏とのことですが、油断せず、食中毒予防にとりくみましょう。

看護師 鈴木 美保