コラム
_
ホーム コラム 私の医療に関する希望書

私の医療に関する希望書

最後まであなたらしく生きるために、

『私の医療に関する希望書』が新しくなりました。

「私の医療に関する希望書は」はもしもの時に備えて自分の受けたい医療の内容を記しておく書類です。
『私の医療に関する希望書』ってなに?
「いよいよ」というときに、どんな医療を受けたいかを書き記しておく文書のことです。
『いよいよ』ってどんなとき?
  1. がんなどで治らない病気の末期や
  2. 脳卒中や認知症などで植物状態が続くときです。
どうして書く必要があるの?
「いよいよ」というときには、みんな具合が悪くて自分の考えをうまく伝えることができません。
だから、本人にかわって家族や医者が悩みながら決めているのが現状なのです。
なるほど。具体的にはどんなことを書けばいいの?
大きく分けて2つあります。
  1. 心臓や呼吸が弱ったときに、心臓マッサージや人工呼吸などの心肺蘇生治療を受けたいかどうか
  2. 食事が口から取れなくなったときに、鼻や胃袋に管を通して食事の代わりに栄養を取る方法がありますが、これを受けたいかどうか
なんだかむずかしい…。私は畳の上で静かに死ねればいいんだけど
そういった希望を書く欄もあります。

縁起が悪いと思う方もいらっしゃると思いますが、準備をしておくことは、後々あわてない、家族にとっても、本人の思いを叶えたことによる満足度が高まり、後悔しないで済みます。

今年度は、往診の患者様、ディケア利用者様を中心に要望書を書いていただきことになりました。
外来通院の患者様、組合員の方で、ご希望の方は、お申し出ください。

私の医療に関する希望書

画像
Adobe ReaderPDFファイルを表示するにはAdobe Readerが必要です。
Adobeのサイトより無料でダウンロードできます。