ホーム 診療案内 訪問診療 往診と訪問診療の違い

訪問診療 – 往診と訪問診療の違い

訪問診療では、俗にいう「往診」とは少し異なります。

往診は、具合が悪いときに医師を自宅に呼び、診察をしてもらうものです。

これに対し、訪問診療は、具合が悪いときだけ診察をしてもらうというものではありません。ご自宅で安全で平穏な療養生活が送れるよう、計画的・継続的に行うものです。医師は定期的に患者さんのお宅に診療にお伺いし、病気の治療や体調管理、健康管理のアドバイスを行います。もちろん、具合が悪い時には相談してください。

訪問診療では、月に1回以上診察にお伺いすることとなっています。あらかじめ曜日と時間帯を決めて診察にお伺いしています。 訪問の頻度は、患者さんの病状に応じて調整することができます。